写真

写真

2018年7月17日火曜日

4497 地獄思想は中東の発祥

1.そうか、密教が神道と習合したのか。
2.仏教を解析したのは西洋か。
3.地獄は中東の発想か。
4.浄土教はキリスト教から来てる。
5.源氏物語の解説がなかなかのもの。読んだ気になる。専門家による訳はちがう。
枕草子と2冊、棋士が訳してくれんかなあ。
6.誰でも宇治十帖や建礼門院の話は付録と思ってる。そこまで行く前に読むに疲れてる。で、灌頂巻を読んでみた。六道の沙汰で そこまで思いを致すわけだ。後白河法皇がだから「稀有のこと」というわけだ。清盛の娘の一生が「六道之沙汰」=地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六道の全過程、こりゃ、その後の武家一門の意識に大きく影響を与えたろう。
7.義経は大将の器でないと。負けた軍でも兵が集まる、勝った軍でも兵は逃げていく。そのポイントは?そうメシ、御馳走がたらふく食える軍隊なら兵は集まる。勝っても飢えてる軍では兵は逃げる。
8.「瓢箪しばしばむなし」=飲食物を入れるひょうたんは貧しくてからっぽ
地獄の思想 梅原猛著、平家物語 林望訳

2018年7月14日土曜日

4496 関税戦争

トランプ大統領の油が乗ってきた。米中貿易戦争では関税をジャンジャンUPする。中国は対抗できるわけないのに?…赤字の垂れ流しはよくなかろう。自由貿易であっても。
NATOのSUMITでは 軍事費をGDPの2%出せと。・・・NATOの強化を狙ってる。
ドイツは1%でしかもNATOの敵であるロシアからエネルギーを買い、資金を提供し、従属してるぜ、と。…金持ちのドイツは節操ない。EUにカネを使わず、中国につぎ込んでいる。
訪問したイギリスではテレサ・メイPMのBREXITをサン紙で批判。…トランプは派手にやれということか。
プーチンと会談する。…はてさて?プーチンに何を要求するか?なあなあじゃ、トランプの価値が下がる。
さあ、油が乗って TAKEOFFできるか?あるいはへこむか?米国民はどう投票するか?見ものだ。

やっぱ、関心は時事問題、政治問題である。過ぎてしまえばなんてことない。忘れてしまってるのに、現時点では最大の関心事となる。
江戸時代でもそうだったんだろう。泰平の世だから、科学技術、文化文明、いろんな学問学校・研究体制、スポーツ、ゲームが発展してもよさそうに思うが、殿様、金持ちスポンサーの関心事は目の前の時事問題だけだったんだろうなあ。

4495 出雲へ流す

ふーん、ここまで考えるのか!と目茶目茶感心した。へえ~なるほど、そうかもなあ~。 「神々の流竄(ルザン)」。オオクニヌシが三輪山から出雲大社へ流された。ヤマタノオロチが三輪山で、因幡の白兎が 宗像大社だと。梅原猛はすごいなあ、面白い。
読んでる途中で たまたまの事情で 同氏の40年後の著書「葬られた王朝」を読んだ。なんやなんや、『この40年間に出雲から多くの遺跡が出たから 前説をひるがえし間違ってた、すんまへん」と謝っている。
いやあ、発想の大きさに感心してたのに。同じ人間でも40歳代と80歳代では 意欲もちがうし築いた功績、できあがった評価もちがうし。同じ人間でも新進気鋭の頃と功成り名遂げたあとでは、勢いが違う。ルザンなんて言葉にそもそも若き気概を感じる。流すOr島流しOr島送りOr流刑Or遠島とか。
残り半分、読む気が半減。
古事記、日本書紀がつくられるはるか100年前に 仏教、儒教、道教はもうすでに日本に伝わっている。遣唐使も行き来し、世界の文物を入手してる。こういう時点で日本の神話を文字にした、いや書き上げた。イザナギ、イザナミ、アマテラス、スサノオと。
アマテラスから万世一系とつづく天壌無窮の天皇と。
アマテラスのモデルは・・・・・持統天皇の諡号は「高天原広野姫タカマガハラヒロノヒメ」であると

2018年7月5日木曜日

4494 内から崩壊

徳川慶喜は当然読んでるわなあ。彼の徳川将軍家に対する信念の弱さのもとになってる。からそもそも将軍レースに参加する人物ではなかった。徳川が勧めた儒学が 徳川をつぶす原動力に変化してる。上=徳川将軍への忠義理論が、その上への忠義へと敷衍していく。
たしかに 世情、織田上総之介、右府様だし、太閤秀吉、浅野内匠頭、吉良上野介と官職で呼んでる。その官職を与え、さらにその官職のトップは天皇になる。
(井沢元彦著誰が歴史を糺すのか) 

2018年7月4日水曜日

4493 天道-21

司馬遷の「天道邪か非邪か」の問いに対して 荘子が答えている。
是もないし非もない。善も悪もない。価値あるもの、ないものの区別もないと。仮に差別があるようでも、それは一時的なことにすぎないから、そんな差別にとらわれるのは愚かなことと。
*三輪山、国家神道、徳川慶喜、
(井沢元彦著 誰が歴史を糺すのか)・・・オーバー

2018年6月30日土曜日

4492 切羽詰まって

EUがまとまらない、移民難民問題。難しい問題である。いろいろ思案してベストな案で合意したい。TOPの役割は 自分の考えはさておいて、いろんな提案を吟味し合意し決定することになる。こんな仕事、よくまあメルケル君、首相職にしがみついてやるわなあ。感心する。とってかわって日本、外国人労働者の受け入れ、今まで厳しい条件をつけ 外国人の入国を制限してたが、なしくずしに大幅に受け入れる。良い悪いとああだこうだの議論はなし、切羽詰まっている、文句を言わせない、労働者不足問題。ニーズは非常に強い、ほんとに後先のことを考える余裕がなくなっている。後のことはあとで考えて、だって。

2018年6月24日日曜日

4491 36の質問

6月12日 米朝サミット。こんなことがあるのか?と信じられなかった。ソ連崩壊、ベルリンの壁の崩壊に匹敵する。マスコミは商売上ああだこうだとほじくってるが、自分は素直におどろくのでいい。トランプは「1年後に失敗だったというかもしれない」と言ってたなあ。それも見事。
いや、その日17時からのトランプの記者会見、こっち、見る方も疲れてるからいい加減でまともに見てない。戻ってテレビをつけたら まだやってる。36の質問に答えたという。
こりゃ、大変な職務だ。激務、高い給料をもらって当然だ、いやトランプは無給で大統領をやってる。感心する。
話は飛んで三国志のテレビ(中国版90話) 官渡の戦いに至る袁紹、あっちの進言、こっちの進言を聞いて物事を判断する。A案、B案、C案を比べて トップがいずれかを判断決定する。会社でもしかり。どのリーダーもそうだろう。オバマもそうだったろう。だがトランプは違う。すでに策は決まってる。まわりの意見も聞かず、トップダウンである。70年も人生を生きてる。その時々の政策は、当時ああだこうだと議論された。その渦中にいてよくわかってる。当時の大統領はこう選択したが 自分はあっちが良かったと考えている。それを今実行してる。エルサレムに米大使館を置く話にしても 30年前に議会が決めたのをクリントン?がちょっと延期したのがそのままずーとになった。これはあきらかに間違いだから 正す、議論は30年前に済んでるという意識だろう。

4490 深いヨミ

第43期碁聖戦第1局、許 家元7段が井山7冠を中押しで倒した。大石を取ったと言うより井山に目を作らせなかった。あきらめて下辺を大きく囲もうとしたが こちらも破られた。見事なものである。許7段は井山を研究してる。面白い、井山の石をつぶしにかかる。
それはそうとYouTubeで寺山怜五段が一人で解説をしてた。すごい、プロはここまで考えるのか!恐れ入った、びっくりした、深いヨミの一端を見せてもらった感じ。プロなんてなるもんじゃない。そう思った。

4489 ストロング系酎ハイ

ストロング系酎ハイのTVコマーシャルが、頻繁にある。何時とはなく世間一般に好評で、それが当たり前になってる感覚になる。これがテレビの力だし、酒造メーカーのあやつりの怖さである。だって、まだ出たてのころ、コマーシャルもそうなかったころにいくつか飲んでみた。こりゃ、うまくない、体に堪える。twitterでも評判が芳しくなかった。自分ではストロング系はHitしない、失敗作だと判断してる。「もう買わない」そう決めた。ところが、それが最近のコマーシャルを見てると、いや世間はGood!!と評価してるように感じさせる。メーカーのコマーシャルばかりが繰り返され、売れていくんだ。一般の声はTV電波に載らない。好評との評判が広がれば SNSでのマイナスの声は減る。
こういうのがつくられた世評というものだ、作られた虚像。いろんな場面でこういうことができてる。

2018年6月16日土曜日

4488 平成不況

FRBパウエル議長はさらに利上げを、ECDドラギ総裁は国債買い入れの終了を表明した。
そして日銀黒田総裁は引き続き金融緩和策を継続すると。2%の物価上昇目標に対し、先々月は1%、先月は0%だと。4月の春闘で賃金は上がったはずだが、物価は続かない。
5年になるこの異次元緩和の政策は不発だとなるが、いや・・・日本経済は好況である。適温経済と表現されるが、史上最高の好況になってる。20年もがいた平成不況がウソのようである。ということからみて、この異次元緩和政策が効いたと思う。物価には効果がでないが。成果ありである。あとはこの副作用がどうでてくるか?そしてその対策ができるかどうか?である。FRBもECBも金融を引き締めるのは その対策手段を持ちたいがためである。イタリアの政局が荒れた、EU離脱がど~たらこ~たら。そりゃそうだ。金満大国ドイツはEU諸国から儲けたカネをEUに投資せず、中国につぎ込んでいる。イタリアはやせる。EUは順調に充実していかない。ドイツが怪しからんというより、カネは自然儲かるところに流れる。理屈や、道理の世界ではない。
トランプが中国、EUに輸入関税25%をかける。中国EUも同じく対抗するという。
経済は荒れる。しかしその結論はハッキリしてる。赤字は一方的にアメリカにある。ということは、関税はアメリカに輸出する商品に大きく影響する。より応えるのは中国、EUである。中国、EUの対抗策は自分たちに不利である。だから日本はまだ動かない。
日本もアメリカへの自動車の輸出で儲けている。トランプの貿易収支均衡の枠組みになれば、自動車輸出の儲けはなくなる。日本のトップ企業もこの自由貿易の論理の中で築けた地位である。自由貿易はいい、しかしその収支が一方に傾くことをトランプが大問題として取り上げている。
この枠組みの変化は見ものである。何と言ったって 中国、EUから 大量に買ってるのはアメリカである。そのアメリカが売る額分しか買わないというのだから・・・

2018年5月28日月曜日

4487 足の裏を叩く

そうそう当時を思い出す。政治家とはこういうもんなんだなあ、と思いながら読んでる。
そうか、那覇の嘉数の慰霊碑(京都)にもかんでるのか。足裏、TRY,確かに刺激ある。
野中広務著:老兵は死なず 野中広務全回顧録
・朝、腹筋を30回。
 それから足の裏を金槌で叩く。小さな突起のついた肉叩き用の金槌で足裏を叩くのだ。爪先、土踏まず、踵をそれぞれ50回。以上を1セットとして、2セット合計300回を朝晩やる。
 また、入浴時、足を風呂の縁にかけ、両腕を挙げて指の屈伸を100回。それから、足を上げて足指の屈伸を100回。これらは20回を1セットとして、手と足を交互に5セットずつ行う。
 それから、腹を上から下にこするマッサージを50回。同じく胸を50回。耳も30回。最後に湯の中で足の屈伸を100回。
朝の腹筋と金槌で足を叩くことは、若い研修医から教えてもらった。

・自分が苦しい立場に追い詰められた時に 歯をくいしばってしぶとく耐えるということは得意でなかったようだ。・・・自分に仕えてくれる裏方の人たちの苦労に対しても、思いやることの少ない性格に育ってしまったと思う。ー田中真紀子
こりゃ、一人田中真紀子だけじゃない。大韓航空のナッツ姫、水かけ姫の姉妹に母親しかり。日本でも 車の中で「このハゲー」と秘書をけっ飛ばした豊田真由子議員とか。現代では通用しない。が、昔、封建時代はこっちがフツーだっただろう。織田信長は 竹生島から帰ってきたら 油を売ってた侍女を処分したし、饗応役の明智光秀をせっかんしたし。
 

2018年5月26日土曜日

4486 トランプ米大統領による北朝鮮の金正恩委員長宛の書簡全文

なかなか名文だ。

親愛なる委員長へ
 双方が長らく求め、6月12日にシンガポールで開催される予定だった首脳会談。それに向けた交渉と議論に費やしてくれた時間と忍耐、労力に感謝する。北朝鮮側から会談の要望があったと聞いていたが、(どちらが求めたかは)どうでもよいことだ。私はあなたとシンガポールで会うことを心待ちにしていた。あなたの最近の声明に示された大きな怒りと明らかな敵意をみる限り、長らく計画された今回の会談を行うことは残念ながら不適切であると考える。この書簡をもって、シンガポールにおける首脳会談を取りやめることを示させていただく。これは双方のためであるが、世界にとってはよくないことだ。あなたは自国の核能力を自慢したが、米国の核能力は非常に大きく強力だ。これらを使わないで済むことを神に祈っている。
 私はあなたとの間で素晴らしい対話ができていると感じていた。最終的に意味を持つのは対話だけだ。いつの日かあなたに会えるのをとても楽しみにしている。また、拘束していた米国人を釈放してくれたことに感謝したい。あれは美しい意思表示であったし、非常に感謝している。
 この最重要の首脳会談に関し、気が変わった場合はためらうことなく連絡してほしい。世界、特に北朝鮮は持続的な平和と偉大な繁栄、富に対する大きな機会を失った。この失われた機会は歴史における本当に悲しい出来事だ。(2018/05/25-00:09)

2018年5月23日水曜日

4485 悪質タックル-2

「相手のクオーターバックを潰してこい」この言葉の解釈である。言ったコーチは「そこまで激しくぶつかれ」という鼓舞激励の意図であると説明した。聞いた方の選手は 「相手にケガをさせろ」と受け取ったと言う。こりゃいくら調査したって、言い張ってれば 平行線である。真相は闇のなかである。
いや、いろんな場面でこういうことがある。大きな話では 太平洋戦争の開戦時も似たような事例が一杯。
話はもどって。無論、監督、コーチ側は 反則行為を選手に指示するなんてことは認められない。そんなことを認めると監督として スポーツ界におれない。自滅である。スポーツはルールを守るのが前提であり 選手への指示はその上で成り立っている。選手も当然わかってるはずだ、それが反則行為をしろとの指示と解釈するのはおかしい、との論理である。理屈はあっている。
だが、世間はそう見ない。深層は常識的に理解する。部員を自陣に留めとくべきだった。ワイドショーはいいネタにあたったと喜んでいる。

鉄砲玉の選手の会見ははやとちりだった。機先を制する意図だが、その後の監督の会見で効果が薄れた。監督の会見を受けて、選手自身が「解釈を間違えた、全部私の責任です」とやれば、鉄砲玉の役割を果たしたのに。コーチからの指示を受諾した全役割の残りの半分を途中で放棄したことになった。

2018年5月22日火曜日

4484 悪質タックル-1

日大の常務理事の監督、No2の経営幹部だが、ゴマすりで出世してきたのか、全く危機管理能力がない。右往左往してるうちに、当の部員に先越されている。まずい展開だ。それにしてもまだ 内心思ってるだろうなあ 「どんくさい奴だな!!見え見えの下手なタックルしやがって!もっとうまくわからんようにやれ!」と。
マスコミは煽る、世論は一方に流れる。もたもたしてると理事長に飛び火する、早めの廃部と常務理事の解任が理事長の生き残り策。
みんなよく見えてるなあ、Twitter.

日大アメフト部選手の会見を見て、涙が止まらなかった。なぜ、日大は自校の生徒を守らないのか…アメフトを続ける選択を与えられなかったのか…大人が導くんじゃないのか
ね⁈皆が黙りじゃ、加害者の彼が可哀想過ぎる。


代表辞退、坊主、グラウンド10周など数々のパワハラを行い、挙げ句の果て、悪質タックルを指示した内田監督と井上コーチみたいな邪悪な人間が権力を持ち、指導することを許しているこの社会を本当に変えなくてはいけない。 悪魔に権力をもたせてはいけない。

内田監督と井上コーチ。スポーツを何だと思っているのか?心得違いも甚だしい。 ①選手に対するパワハラ、恫喝 ②相手校選手に対する暴行障害の教唆 ③自分達の悪質な行為を認めないモラルハザード 彼らを指導者とは認めない。

ここにもやくざの親分が三下を鉄砲玉に仕立てるのと同じ論理が。 危険タックルの日大アメフト選手「1プレイ目で潰せば出してやる、と言われた」

日本の組織って旧陸軍系かヤクザ系の2つに分類されるようですね。上からの指示で命を取りにいく鉄砲玉、上からの指示で虫けらの如く見放され死んでいく者・・・

日大アメフト部の話は、ヤクザ組織に置き換えたら分かりやすいと言うのは、言い得て妙だ。 監督が親分で、コーチが若頭で、選手が鉄砲玉。 親分が対立組織のタマを取って来いと命令し、コーチが逃げ口を塞ぎ、鉄砲玉として相手を仕留める。 組織としてありえんわ

アメフト日大の手口は昭和ヤクザだ。親分が命ぜずとも意を汲んだ鉄砲玉がタマをとる。親分は知らぬ存ぜぬで、出所後の鉄砲玉はそれなりの処遇を受ける。「意を汲む」を「忖度する」に変えると、似たような構図が見えてくる。安倍夫妻と官僚の姿だ。

2018年5月21日月曜日

4483 Kill the time

ダイアナの次男坊の結婚式、BBCもCNNも長時間の中継。はなやかな光景。
ダイアナがいたらなあ。
長男の時代になったら それこそダイアナの天下になったろうに。
ダイアナは生き急いだなあ、Kill the timeだったよなあ。
破滅型に突っ込んで行った。

2018年5月20日日曜日

4482 テンカラ

餌の脂肉が乏しくなった。そろそろ納竿かと思ってたが、蜘蛛を一匹捕まえ損ねた。そうだ。疑似餌、毛ばりだと思って さっそく毛ばりを試した。牛脂よりはるかに食いつきがいい。脂肉は手がべたつく、ミミズ、ナメクジはHIT率がいいが、これまた手が汚れる。これからはスマートに毛ばりにしよう。2,3年前かカイボリして 一旦ブルーギルがへったが また増えてきたし 大きいのが多い。

4481 浅井3姉妹-手勢

「浅井3姉妹の戦国日記」を読んでる。著者の八幡夫妻?に感心する。頭が下がる。はしがきに書いてるそのまま。うなづく。それにしてもよく調べてる、見事。でもプロじゃない、プロのやりかたではない。この本はHitするタイプの本じゃない。こういう本もあっていい。著者はどんな人かとGoogle画像チェック,ああこの人か、テレビで見るが 印象は薄い。
まずは歴史事項の認識等の訂正。
そうだよなあ、なり立ての二代目、若造の殿様じゃ 家来は動かん、
柴田勝家とて お手並み拝見の意識だったろう。
・江戸時代に藩というものは存在しなかったのです。
長州方言のようなものだったのが明治元年に公式名称になっただけです。
・(桶狭間の戦い)信長様はお手並み拝見とばかりに日和見を決め込む土豪たちの加勢など当てにせず、自分で次男坊、野武士、浪人などを集めた手勢を訓練し、寡兵ながらも少数精鋭の部隊で大勝利を上げられたのです。
・織田家は越前国丹生郡にある織田剣神社の神主一党でした。
・鈴鹿山脈の千草越えという間道を通ったとき、甲津畑というところで 杉谷善住坊という謎の僧が 信長様を銃撃しました。
・顕如上人が・・・石山本願寺を破却して退去するように信長様から勧告されたのを怒って参戦された
・家康公は・・・大工の総元締めである中井家に命じて大坂城の図面手に入れました。

2018年5月17日木曜日

4480 勝者は最後の1人ー謝爾豪

「井山さんの一強時代だが、井山さんのためにもよくないので引きずり下ろしたい」と決意を述べた山下九段。73期本因坊戦第1局の前夜祭の挨拶。
ここ数年の棋戦挑戦者 山下、一力遼、本木、村川大ちゃんとか、みんな無敗で退けてきてる。18連勝とか。まさに井山の一強である、井山が大物に見える。その鼻が天狗である、対する挑戦者は小粒で、大きな壁に対し忸怩たる思いに見える。が、その井山がLG杯決勝で中国謝爾豪5段に簡単にひねりつぶされた。その姿たるや一力遼等の負け勝負の表情と同じ。天狗の鼻がぺちゃんこどころか 万年弱い棋士に見える。勝負の世界、トップに立てども上があるし、陥落もある。勝者は生き残った最後の1人、いやその彼も負ける。勝ったり負けたり気にすることじゃない。勝負は兵家の常、いちいち気をもむことじゃない。

2018年5月15日火曜日

4479 レモン

レモンのカット1/4を丸かじり、俺はできる。しかしまあ、一般的にレモンなんてものは食えるもんじゃないと判断しよう。ふつうならこんな植物は栽培されないだろうに。
これをレモンスカッシュにした人間は実にすばらしい。たまにレモンのお湯割りを飲むがじつに旨い。いやそれどころか ブームの酎ハイ。90%はレモン酎ハイじゃないか!

4478 ハナズオウ-2

ハナズオウ、発芽してる。手にやすりをかけたかいがあったなあ。とも思うが、どうもその手塩にかけたわずかなタネをまいた場所じゃなく その他大勢の何もしてないタネが発芽したような気もする。あの太平洋戦争時の風船爆弾の事例に似てる。大事に作った測定用風船は太平洋に落下、失敗との判定。一般製造の風船爆弾は目的通りサンフランシスコで山火事をおこしたというに。挿し木のハナズオウもなんとか 生きてる感じ。なんとか育つ気を持たせる。ノウゼンカズラの挿し木も今のところ順調、着くか、期待を持たせる。椿の花がやっと咲いた、2段鉢の効果だなあ。まだ梅、白桃は咲かなかったが。